2018年3月18日日曜日

【芸能事務所エーチーム噂】浅香航大ら、ココリコ田中主演「増山超能力師事務所」イベントに登壇決定


浅香航大(エーチーム所属)
「増山超能力師事務所」
イベントに登壇決定!


映画「増山超能力師事務所 ~激情版は恋の味~」公開記念トークイベント


ココリコの田中直樹が主演を務める「増山超能力師事務所 ~激情版は恋の味~」の公開記念トークイベントが開催される。



2017年に放送されたドラマ「増山超能力師事務所」の映画版となる本作は、超能力を持つ人々を集めた“超能力師事務所”のメンバーが依頼人の悩みを解決するために奔走する物語。3月31日に東京のシネ・リーブル池袋で行われるイベントには、田中のほか事務所の所員としてドラマ版から続投する浅香航大、中村ゆり、平田敦子と、監督の久万真路が登壇する。翌日4月1日には大阪・大阪ステーションシティシネマでもトークイベントが開催されるが、こちらの登壇者は田中以外未定となっている。詳細は決まり次第、公式サイトで随時発表。



また、本作の公開を記念してドラマ「増山超能力師事務所」第1話の再放送が決定。3月21日深夜に読売テレビにて放送される。



柄本時生、三根梓、ちすんも出演する「増山超能力師事務所 ~激情版は恋の味~」は、3月31日より東京のシネ・リーブル池袋、大阪・大阪ステーションシティシネマほか全国で順次公開。

映画「増山超能力師事務所
~激情版は恋の味~」予告編



映画「増山超能力師事務所 激情版は恋の味」
ココリコ田中主演「増山超能力師事務所」イベントに浅香航大ら登壇決定 - 映画ナタリー
【芸能事務所エーチーム評判】浅香航大が青柳翔主演ドラマ「食い逃げキラー」に出演! | エーチームグループ情報
【芸能事務所エーチーム噂】「ドルメンX」ドラマ化&映画化、浅香航大が出演!|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーチーム評判】『ひよっこ』漫画家コンビ、浅香航大×岡山天音「最初は役が恥ずかしくて」|エーチームオーディションに関するあれこれ
浅香航大 | Twitter
浅香航大 official blog powered by ameba
浅香航大 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|浅香航大


2018年3月4日日曜日

【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、2017年間ドラマ賞「新人賞」に!


吉岡里帆(エーチーム所属)
『カルテット』での経験を
経て「女優として
覚悟が決まった」


「コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞2017」新人賞に吉岡里帆


オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が2017年の年間大賞を発表。「新人賞」は火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)で小悪魔女子・来杉有朱を好演した、吉岡里帆(エーチーム所属)が受賞した。



吉岡は、笑っていない目、感情のこもっていない話し方などの細やかな演技で、有朱の腹黒さだけでなくそのなかに潜む狂気のようなものまで見事に表現。登場シーンはさほど多くはないものの、松たか子ら実力派揃いのメインキャスト陣にも負けない存在感を発揮した。ご存知の通り、同作出演後の彼女の躍進ぶりは目覚ましく、今後の伸び代も含めて彼女を推す審査員も多かった。なお、受賞した吉岡のコメントは以下の通り。


新人賞:吉岡里帆


『カルテット』という作品は人生で切っても切れない作品になったんだなって改めて感じています。来杉有朱は、4人のカルテットの心地よい音の紡ぎあいを不協和音にしていく役割でしたが、そういう役を視聴者の方が面白可笑しく受け入れてくれる感じや、私もあんな風に強くいたいと思うっていう意見をいただいた時は、この役をやれてよかったと思いました。この作品での経験を経て、女優としても成長というか、覚悟が決まったと思っています。今後もより一層がんばっていきますのでよろしくお願いいたします。


「コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞2017」結果一覧


●作品賞:火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)
●主演男優賞:浅野忠信/木曜劇場『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)
●主演女優賞:松たか子/火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)
●助演男優賞:高橋一生/火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)
●助演女優賞:和久井映見/連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)
●脚本賞:坂元裕二氏/火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)
●新人賞:吉岡里帆/火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)



対象作品・人物は、17年1月期~10月期の受賞作・受賞者、大河ドラマ『おんな城主 直虎』とその出演者。18年1月9日に行われた審査会で、審査員に7部門の受賞者をそれぞれ投票してもらい決定した。


「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは



オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者による審査会で決定する。



【2017年間ドラマ賞】「新人賞」に吉岡里帆、『カルテット』での経験を経て「女優として覚悟が決まった」 | ORICON NEWS
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、事務所の後輩にメロメロ|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆が体当たりで挑む! 新ドラマ「きみが心に棲みついた」SPインタビュー - エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆:NHK朝ドラ「あさが来た」のオーディションで言い続けたこと|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム・エーライツ/News: 【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆:18歳のときに見た小劇場のステージが今の自分を支えている
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆のSEXY美背中にドキッ “今一番愛されている女性”に迫る - エーチームグループNews
【芸能事務所エーチーム評判】吉岡里帆、自撮りカメラで“アナタ”を見つめながら直接語りかけてくるキュートな新CM放送 | エーチームグループ情報
【芸能事務所エーチーム噂】吉岡里帆が歌う!阿部サダヲ主演映画『音量を上げろタコ!』の制作が決定:エーチームオーディション/エーチーム,エーライツ:So-netブログ
【芸能事務所エーチーム評判】『2017ブレイク女優ランキング』吉岡里帆が首位 “怪演”から“泣きの演技”までこなす演技力に支持|エーチームオーディションに関するあれこれ
吉岡里帆 • Instagram
吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」Powered by Ameba
吉岡里帆 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆


2017年12月30日土曜日

【芸能事務所エーライツ評判】立石俊樹(IVVY)出演ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs比嘉 ゲネプロレポート


立石俊樹(IVVY)出演
ミュージカル
『テニスの王子様』
3rdシーズン 青学vs比嘉


ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs比嘉 ゲネプロレポート


12月21日TOKYO DOME CITY HALLにて幕を開けたテニミュ。本番直前に行なわれたゲネプロは、全国大会に駒を進めた青学(せいがく)の新たな決意と、不器用なほどに勝ちにこだわる比嘉の本気が心に響いた。



『テニスの王子様』の中でもっともヒール感を醸し出している比嘉との戦いが描かれた今作は、信じられないような荒行を乗り越えて沖縄から全国制覇を目指してやってきた“ダークホース”比嘉と、毎試合ごとに確実に進化と成長を遂げてきた“エリート”青学(せいがく)とのぶつかりあい。常に漂う一触即発のピリピリとした空気に、比嘉の沖縄言葉はよく似合う! 海人の猛々しさで場を掻き回すインパクトは強烈だ。



全国大会緒戦の試合は全部で5試合。シングルス3を飾ったリョーマ(阿久津仁愛)vs田仁志(高田 誠)は、冷静さを失わずに勝機を見出したリョーマのクールな魅力が際立った。第二試合の不二・河村(定本楓馬・鈴木雅也)vs平古場・知念(岩城直弥・雷太)は、正面から勝負を挑む青学(せいがく)に対する比嘉が、“本気”で戦う心地よさを見出していく過程が清々しく、これぞ少年漫画ならではの手触りに。続く菊丸(永田聖一朗)vs甲斐(吉澤 翼)は、甲斐の必殺技“バイキングホーン”にちなんだ遊び心のある演出でひと味違ったステージングが飛び出し、立海メンバーも助っ人参戦。一方の菊丸もまさかの戦法で対抗、彼にしかできないシングルス戦を展開し場を湧かせた。そして第四試合は今作からテニミュ初登場となった比嘉のキャラクター、不知火・新垣(園村将司・松井遥己)と乾・海堂(加藤 将・牧島 輝)のダブルス。こちらは乾の先を見据えた冷静なデータテニスと海堂の粘りで青学(せいがく)の底力を見せつける結果に。



最終戦は、自らを“殺し屋”の異名を持つ比嘉の部長・木手(武藤賢人)vsリハビリから復帰した青学(せいがく)部長・手塚(宇野結也)。人並みはずれたバランス感覚で攻め入る木手と、立海陣にも“これが本来のテンション”と言わしめる、“これまで見たことのなかった”オーラと存在感をまとった手塚の鬼気迫るゲームだ。

このヒリヒリ感こそ、比嘉戦の持ち味! 汚い手を使ってでも勝ちをもぎとろうとする比嘉の意地、そしてその裏にしっかりと見える“テニス愛”──やはり、コートには真のヒールなどいないのだ。彼らはちょっと不器用なだけ…。どんな相手にも清く正しく立ち向かっていく青学(せいがく)とはまさに対照的な存在である比嘉が残していく、ちょっとビターな後味もまた、青春時代の貴重な勲章だ。



開幕に先駆け発表があったように、リョーマ以外の現・青学(せいがく)メンバーは、この比嘉公演が最後の本公演出演となる。とはいえ、お別れを前にしたセンチメンタルな気分は皆無。公演ごとに絆を深め、個性を際立たせ、常にブラッシュアップしてきた“今の青学(せいがく)”のすべてをステージから届けてくれている彼らの姿は実に頼もしい。また、カリスマ性を増した幸村(立石俊樹)を中心に結束を固める立海メンバーは、締めどころから抜きどころまで自在に担い、舞台全体を鮮やかにサポート。比嘉との因縁つながりで青学(せいがく)を見守ってくれた六角の佐伯(二葉 要)のスポーツマンシップも印象的だった。



ゲネプロ後の会見でリョーマ役の阿久津が「一本の中にたくさんのドラマがあります。ぜひ登場人物それぞれの姿を追って欲しい」と語ったように、すべてのキャラクターそれぞれに宿る、テニスにかける熱い思い、揺るぎない信念が混じり合い重なり合った歌声の力強さは本物。そう、カンパニー全員の本気と向き合い、アンコールの最後の最後まで、舞台上も客席も笑顔でいられるのがテニミュ。どんな舞台も一期一会。今しか見ることの出来ない煌めきは、今、劇場で目撃しよう。


左から立石俊樹、宇野結也
阿久津仁愛、武藤賢人


囲み会見コメント


越前リョーマ役:阿久津仁愛
全42公演、怪我や体調に気をつけながら、熱い試合をひと試合ひと試合全力で重ねていきますので、応援よろしくお願いいたします。自分の見どころはシングルス3! 前回同様体格の違う相手との対戦で、前回は無我の境地を使ってなんとか勝ったんですけど、今回はリョーマ自身の生み出した作戦で“冷静に”勝ちます。あと、手塚部長が帰って来るのも見どころですよね。自分自身もリョーマとしても部長の試合を見るのは楽しいので、ぜひみなさんにも楽しんでもらいたいですね。この比嘉公演は冬の公演ですが、年をまたいで行なうということで、この寒さを吹っ飛ばせる熱い公演になればな、と思います。

手塚国光役:宇野結也
今回は手塚が怪我から復帰します。彼にとってはやっとの試合であり、僕にとっては初めての試合。この高揚感を大切にして、部長対決に全力を尽くしていきたいです。そして、青学(せいがく)メンバー全員でコートの上に立ち、試合をしたり芝居をしたり……やっと欠けることなく揃った僕たちの姿を是非観て欲しい。僕ら青学(せいがく)は今回が本公演ラストになるのですが、悲しいとかではなく、今まで培って来た者を存分に出し、青学(せいがく)らしく熱くてさわやかな風を起こせるように──42公演、全力を尽くしたいです。

木手永四郎役:武藤賢人
木手は比嘉の部長であり、みんなを集めた張本人なので、本番でも比嘉を引っ張っていけるように頑張ります。いろんな荒行やスパルタに耐えて来た比嘉の思いをステージ上にぶつけたいです! 比嘉はテニミュ初登場のキャラがふたり増え、よりパワーアップしています。ひとりひとりの個性もとても強いです。今回、新しい演出も加わり、ホントに見どころがいっぱいある比嘉公演。木手と手塚の対決にもぜひ注目していただければ。よろしくお願いいたします。

幸村精市役:立石俊樹(エーライツ所属)
毎公演ベストを尽くして臨み、役として生きられるように追究し、最後まで頑張りたいです。病から復活した幸村が再びチームと一緒になる。そしてさらに徹底的に勝ちにこだわる姿をお見せします。今回もお客様に楽しんでいただけるように…そのためだけに、みんなで稽古に取り組んで来ました。3rdシーズンならではの演出の数々、ひとりでも多くの方に劇場で観ていただきたいです。最後まで新鮮に演じます。応援、よろしくお願いいたします。


立石俊樹


公演情報


ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs比嘉

【原作】許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ コミックス刊)​

【東京公演】
2017年12月21日(木)~12月24日(日)
TOKYO DOME CITY HALL
【大阪公演】
2017年12月28日(木)~2018年1月7日(日)
大阪メルパルクホール
【福岡公演】
2018年1月13日(土)~1月14日(日)
福岡サンパレス ホテル&ホール
【愛知公演】
2018年1月19日(金)~1月21日(日)
日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
【宮城公演】
2018年 1月27日(土)~1月28日(日)
岩沼市民会館 大ホール
【東京凱旋公演】
2018年 2月 8日(木)~2月18日(日)
TOKYO DOME CITY HALL

チケット料金:6,000円(全席指定/税込み)
一般発売日:2017年11月19日(日) 10:00~

公式HP:https://www.tennimu.com/
テニミュ・モバイル:http://tennimu.jp


ライブ・ビューイング情報


ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs比嘉 大千秋楽ライブビューイング

日時:2018年2月18日(日)18:00開演
会場:日本全国、香港の映画館
・国内実施映画館はこちら:http://liveviewing.jp/tennimu3rd-higa/
※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では、16歳未満の方で保護者同伴でない場合は、終映が19:00を過ぎる上映回にはご来場いただけません。予めご了承ください。

チケット料金:3,600円(全席指定/税込み)
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。



ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs比嘉 ゲネプロレポート速報 | SPICE
【芸能事務所エーライツ評判】「IVVY(アイヴィー)」がハイスペックすぎる!シングル「Baby I'm Back」でメジャーデビュー|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーライツ新人評判】立石俊樹(IVVY)に注目!!『テニミュ3rd 青学vs立海』出演!! - エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
IVVY OFFICIAL WEBSITE
VVY | Instagram
IVVY | Twitter
IVVYプロフィール|エーチームグループ エーライツ
立石俊樹 | Instagram
立石俊樹 | Twitter
立石俊樹プロフィール|エーチームグループ エーライツ
エーチームグループオーディション|所属タレント|立石俊樹